うつ障害年金って何?受給するための基準やポイント

申請の条件と方法

聴診器

申請の方法

うつ障害年金の申請方法を知って、手続きまでをスムーズに行うようにしましょう。まず、あなたが申請前にしておかなければいけないことがいくつかあるので、ここでご説明していきたいと思います。まず、あなたが「うつかも?」と思って最初に病院受診をした初診日を把握しましょう。もし、まだ病院を受診していない方は、まずは病院を受診しましょう。うつ障害年金は、医師の診断書がなければ受けることができませんし、受給額が大きい障害年金2級を受けるにはうつ病と診断されてから1年半経っていなければいけません。ですから、まずは病院受診をしていることが条件です。その際に、初診日に加入している保険が厚生年金であれば、受給額が上がる場合もあるので、そういったポイントも頭に入れておくといいですよ。他にも、保険料を納めていることが条件になっています。期間の3分の2以上を納めていればOKです。なので、うつ病と診断をもらって1年半以上の治療を行っていることや初診日を把握していること、保険料に未納がないというこの3つの条件に当てはまっていれば、申請することができます。
以上の条件を満たしているのであれば、年金事務所、または役所から障害年金の申請書類をもらいましょう。申請にはたくさんの書類が必要になってきます。ですから、しっかりと管理して把握する必要があります。どんな書類を揃えなければいけないかというと、受診状況等証明書や診断書、住民票などを用意しなければいけません。他にも様々な書類が必要になってくるので、ひとりで準備するのが大変な場合は、周りの方に手伝てもらったりサポートしてくれるセンターを利用したりしましょう。受診状況等証明や住民票は役所で発行してもらうことができますが、診断書は医師に発行してもらわなければいけません。かかりつけの病院に出してもらいましょう。診断書もすぐその場でもらえるわけではありません。病院によっては差が出てきますが、だいたい早くても1ヶ月、遅くても3ヶ月はかかるということを念頭に置いておきましょう。

診断書をもらえないこともある

うつ障害年金を受給するためには、医師の診断書は欠かすことはできません。ですが、中には医師によって診断書を出してもらえないところもあります。うつ病と似た症状で、パニック障害や強迫性障害などの人格障害というものは原則、うつ障害年金の対象としては認められていません。統合失調症の基準で判定されるケースもありますが、うつ障害年金としては対象外になってしまいます。最近は、この審査の基準も厳しくなっているので、「障害年金をもらわなくても大丈夫そうだな」と医師が判断すれば、書いてもらえないこともあります。頼んでもダメだった場合は、違う病院を受診するのもおすすめです。その分、申請までに時間がかかりますが、そうすることで実際に診断書をもらえたという声もありますから、検討してみてください。