うつ障害年金って何?受給するための基準やポイント

頼るのも手段

病院

申請に人の手を借りる

うつ病は、倦怠感や気分の上がり下がりもあるためうつ病を治療しながらうつ障害年金を申請していくのは大変なものです。心身ともに健康な人が準備を行うには問題ないかもしれませんが、実際にうつ病の症状が重い方は日常生活を送るだけでもやっとの人もいますし、援助がなければ生活できない人もいます。そんな状態で市役所に行ったり、年金事務所に行ったりしなければいけませんし、書類に目を通したり確認するのは骨が折れるような作業に感じる人もいます。中には外にも出たくないという方もいるかと思います。そんな時は、申請を代理で行ってくれる機関にお願いしましょう。外にも出たくない、何もしたくないというような重症なうつ状態であれば、うつ障害年金1級として認められれば、約97万は最低でも受給できます。経済的にも不安をなくして心からゆっくり休むためにもうつ障害年金の申請はおすすめしたいところです。うつを発症して申請する方は手続き自体が初めてで、慣れていない方がほとんどかと思いますから、代理で行ってくれるところにお願いすれば安心ですし、書類の提出漏れも防げます。障害年金の申請をサポートしてくれる法律関係に詳しい社労士などに依頼するといいですよ。無料で相談できる事務所もありますから、ひとりで全てをやろうとしないで、頼めるところはお願いすることも時には必要ですよ。受給が決まってからの報酬支払のところもあるので、あなたに合ったところを見つけてみてください。